山口手話友の会へようこそ!

山口手話友の会は山口市の手話サークルです。あなたも手話を勉強してみませんか?
今日昨日
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
手話って何ですか?
 日本手話(以下単に手話)は、日本のろう者の言葉です。それは、「ろう者だけの言葉」というより「ろう者の使っている言葉」という意味です。ろう者が手話を用いるのは、いうまでもなく耳が聞こえないからです。耳が聞こえないということは、音声語による会話が困難なだけでなく、音声語としての日本語、したがってその書き言葉の習得が十分出来ないために、筆談も困難な場合も少なくありません。それだけに手話は、ろう者に取ってかけがえのない人間的・言語的コミュニケーション手段といえます。
| 山口手話友の会 | 手話Q&A | 21:00 | comments(0) | - |
ろうあ者ってどんな人ですか?
ろう者・ろうあ者、同じような呼び方でつかわれています。一般的に聴覚障害者の中でより聞こえが困難な方のことを言います。コミュニケーションの方法は主に手話で会話を行います。
| 山口手話友の会 | 手話Q&A | 21:00 | comments(0) | - |
ろうあ者とのコミュニケーションの方法は?
聴覚障害者のコミュニケーションは人それぞれ特徴があり、障害の程度、内容によっても違います。多くの聴覚障害者は、手話や口話、筆記、時には音声といったコミュニケーション手段をいろいろな場面や相手に応じて、使い分けたり、併用したりすることで、総合的にコミュニケーションを行っています。

聴覚障害者のコミュニケーションでは、自分ができるさまざまな手段を用いて通じ合う方法を工夫することが基本です。そして、いちばん大切なのは、相手に伝えよう、相手の言うことを理解しようとする「姿勢」です。いくつかの方法を説明します。

  1. 手話・指文字
    手話はろうあ者集団の中で発展してきた話し言葉です。手話は生まれつき、または、小さい時から難聴があり、ろう学校のような聴覚障害児の集団に属していた人が使っている場合が多いようです。しかし近年は重度の難聴児も普通学校に通うことが増え、就業後に手話を習得した人もいます。また成人してから失聴した中途失聴者がサークルなどを通じて手話を覚えることもあります。なお、指文字は、仮名一文字ずつをそれに対応する指の形で表す方法です。
     
  2. 読話
    相手の口の形や動きから言葉を読みとる方法です。ろう者、中途失聴者が話し言葉を理解しようとする際に用います。しかし、日本語には「ウミ・クビ」のように音は異なっても口の形は同じ言葉がたくさんあることや、慣れていない人の口の形は読み取りにくいなど欠点があります。
     
  3. 筆談
    文字で書いて聴覚障害者に伝える方法です。聴覚障害者全般に有効ですが、中途失聴で失聴後まもない人に特に有効です。また高齢で徐々に難聴になった人に細かい話をする時などは、正確に伝えるための補助手段として重要です。
     
  4. 要約筆記・ノートテイク
    話されたことを聞き取り、文字にして聴覚障害者に伝える方法です。講演会や会議の場面に聴覚障害者が参加する際用いられます。要約筆記ではOHPを利用し、ノートテイクではノートに書いて隣から見てもらいます。この方法は、速度的に書き言葉は話し言葉に追いつかない、OHPやノートを見ていると話者の表情がわからず、微妙なニュアンスが伝わらないという欠点がありますが、難聴になった直後からでも集団参加ができるという長所があります。最近はパソコンを利用してリアルタイムに文字化する方向で追求されています。
     
  5. 空書
    空間や相手の手のひらに指で文字を書いて伝える方法です。筆記具もいらず、相手が手話を知らなくて良いので、単語程度を伝えるだけなら簡便な手段として、補助的に使われます。
     
  6. 音声(補聴器の活用
    高・中・軽度の難聴の人たちには、話し方を工夫して聞き取りやすくなるように配慮するこでかなりのことを伝えられます。また重度の難聴の方の中にも、補聴器の活用と読話の活用を合わせて用いることで、会話を理解している人がいます。
| 山口手話友の会 | 手話Q&A | 21:00 | comments(0) | - |
山口手話友の会に参加するには?
毎週水曜日に山口市堂の前の「しらさぎ会館」で19時から21時まで例会を行っています。例会のある日にしらさぎ会館においでいただければ、その場で入会できます。また見学もできますので、お気軽においで下さい。なお、おいでになる際には事前の連絡は不要です。

手話の学習は初級・中級・上級に分かれて行います。初めての方は、初級講座で安心して習うことができます。詳しくはこちらをご覧ください。
| 山口手話友の会 | 手話Q&A | 21:00 | comments(0) | - |
昼間参加できる手話サークルはありますか?
山口市の場合は、毎週水曜日に午前10時からしらさぎ会館で「ゆびの会」の例会が開かれています。詳しくは、しらさぎ会館(TEL 083-922-3666)に電話して確認してください。
| 山口手話友の会 | 手話Q&A | 21:00 | comments(0) | - |
私の住んでいる地域に手話サークルはありますか?
山口県内には各市に手話サークルがあり、町村にある地域もあります。もし、無い場合も近隣の市のサークルに入れます。手話サークルは所在地の住民だけが対象ではありません。各市町村の社会福祉協議会に聞かれたら教えてもらえると思います。
| 山口手話友の会 | 手話Q&A | 21:00 | comments(0) | - |
手話の資格ってあるんですか?
手話奉仕員・手話通訳者・手話通訳士があります。

  1. 手話奉仕員
    山口市の場合になりますが、山口市手話奉仕員養成委員会が行う講習会が4月〜3月まであります。全科目80時間を受講した人は、希望すれば山口市に手話奉仕員として登録でき、手話奉仕員証が交付されます。毎年3月に募集をします。

  2. 手話通訳者
    山口県の場合になりますが、山口県聴覚障害者情報提供施設が行う講習が6月〜12月まであります。全科目90時間終了後、全国統一の試験がおこなわれ、合格した人に山口県手話通訳者証が交付されます。

  3. 手話通訳士
    毎年9月下旬に厚生労働省公認の試験が東京・大阪・熊本で実施されます。
| 山口手話友の会 | 手話Q&A | 21:00 | comments(6) | - |
 1/1