山口手話友の会へようこそ!

あなたも一緒に手話を勉強してみませんか?
今日昨日
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2月の学習計画

25

初級  表現しましょう  佐伯

中級  読み取りましょう  口羽

上級  読み取りましょう  藤村・石永

実践  手話通訳の技術を磨く  柴田

 

212

総務部企画

   

219日 

初級  読み取りましょう  佐伯

中級  表現しましょう  有冨

上級  表現しましょう  藤村・石永

実践 手話通訳の技術を磨く  柴田

  

226

ろうあ者企画

| 学習部 | 学習部企画 | 22:21 | - | - |
1月の学習計画

18

ぜんざい会

 

115

初級  表現しましょう  岡本

中級  読み取りましょう  長田

上級  読み取りましょう  藤村・石永

実践  手話通訳の技術を磨く  有吉

   

122日 

初級  読み取りましょう  岡本

中級  表現しましょう  有冨

上級  表現しましょう  藤村・石永

実践   手話通訳の技術を磨く  有吉

  

129

全体会 学習部 福祉問題

| 学習部 | 学習部企画 | 20:29 | - | - |
[報告] 学習部企画(3/23)
3月23日の学習部企画は、県名当てクイズでした。
一人ずつ県名のくじを引いて、あらかじめ用意されている3つのヒントを手話や身振りで表し、その表現を見て県名を当てます。ヒントの中には表現が難しいものがあったり、「え? これがこの県の特産物?」と思えるようなものもあったりして、出題する方も答える方も頭をひねりながら、楽しい時間を過ごしました。


| 情宣部 | 学習部企画 | 00:47 | - | - |
[報告] 学習部企画(2/23)
 学習部企画2月23日の学習部企画は聴覚障害関係の団体の紹介でした。
聴覚障害関係の団体と言っても全日ろう連、県手連、全通研、通連、全難聴、全要研、盲ろう友の会など数え上げればたくさんあります。
この日はろう連、全通研等を中心にした説明でしたが、一つ一つの団体を紹介されたので、各団体のイメージが出来たという方も多いでしょう。
| 情宣部 | 学習部企画 | 02:25 | - | - |
1月の学習計画
■1月7日
事業部企画(ぜんざい会)
■1月14日
<初級>きつねテキスト〔P10・11〕(澤見、伊藤、多田)
<中級>第10講座(隅田、藤村)
<上級>聞き取り通訳〔テープ〕(寒竹、島田)
<実践>グループ学習
■1月21日
<初級>きつねテキスト〔P12・13〕(山崎、伊藤、久保)
<中級>読み取ってみましょう(石永、藤村)
<上級>読み取り通訳〔ビデオ〕(井原、有吉〔絹〕)
<実践>自主学習
■1月28日
情宣部企画
| 学習部 | 学習部企画 | 21:53 | comments(0) | - |
6月の学習計画
■6月4日
<初級>テキスト(口羽、秋本)
<中級>テキスト(第2講座)(有富)
<上級>読み取り通訳(ビデオ)(藤村)
<実践>グループ学習
■6月11日
総務部企画
■6月18日
<初級>テキスト(口羽、伊川)
<中級>読み取り(有富)
<上級>聞き取り通訳(テープ)(藤村)
<実践>自主学習
■6月25日
学習部企画「福祉問題学習会 ろうあ者体験発表」
| 学習部 | 学習部企画 | 20:53 | comments(0) | - |
福祉問題学習会「目で聴くテレビ〜アイドラゴンってなーに?〜」
 22日の定例会は福祉問題学習会でした。テーマは「目で聴くテレビ〜アイドラゴンってなーに?〜」です。アイドラゴンって言葉や手話表現は見たことがあっても、実物を見た方は少ないと思います。今回の学習会では、アイドラゴンの仕組みについて説明を受けた後で、DVDで実際の番組の内容を見せてもらいました。手話や字幕のついた放送を見ることが出来るだけでなく、災害時には「光警報」で知らせて、電源を切っていても自動的に番組が始まるそうです。
担当した学習部の人たち興味津々の参加者DVDによるアイドラゴンの紹介アイドラゴンの仕組みの説明
| 山口手話友の会 | 学習部企画 | 23:12 | - | - |
頭の中にサークルマップを作ろう! 第2弾
学習部企画今回の学習部企画は「頭の中にサークルマップを作ろう! 第2弾」というタイトルで開催されました。今回の目的は「自分の地区のメンバーを知ろう!」です。地域ごとのグループに分かれ、最初に自己紹介をしてその地域に住むメンバーの顔合わせをしました。そのあとで、災害が発生した時にろう者に対してどのような支援が出来るか、そのためにはどんなことをしたらいいのかを話し合いました。
| 山口手話友の会 | 学習部企画 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
 1/1